TDL、TDSは『進化』『成長』し続けている(´・ω・`)?

気付けば8月も半ばに突入していました…:(;゙゚'ω゚'):

お久しぶりです。



パークから疎遠になりつつある今でも、ふとブログを書きたくなる日はあって。

時折記事を編集してみたりはしていたものの、結局何一つ書きかけの記事はアップしないまま。

ふと思い立っては散漫な文章を書き始めて手が止まり、また数日後思い出したように再び書いてみてはまたやめ。

気付けば前回記事をアップしてから2ヶ月近くが経ってしまいました。



ディズニーは好きだったし、パークも好きだったし、ミッキーに魔法を見せてもらった感動は消えないし。

でも、だからこそ、好きだったものが変な方向に変わっていく気がする今をそのまま見て見ぬ振りなんてできないとも思う今日この頃。

一方で恨みや憎しみで自分の心を支配されたくないし、パークに浸って現実世界の痛みを紛らわすばかりの日々からも脱却しなければ、とも思ったり。



パークを忘れたい気持ち、卒業しなければという気持ち。

でも、たとえ自分がパークから離れたとしても、あの場所は怒りや憎しみ、失望や落胆、争い、悲しみや苦しみの根源であって欲しくはない。

…そんな気持ちもあるんですよね。

人の気持ちってなんでこうも複雑なんでしょ(´-ω-`)



ただ純粋にパークを好きでいられた2019/3/25以前。

あの時までは確かに感じていたはずの“曇りのない好きな気持ち”を忘れたくなくない気持ちがあるからか、コロナで自粛モードな最近は、過去のアニメ映画や過去のショーパレを鑑賞したりすることも。



最近よくリピートするのは、アラジン、リトルマーメイド、プリンセスと魔法のキス。

アニメならではのキャラクターの豊かな表情って見ていて本当に楽しくなります。

私はリトルマーメイドのセバスチャンとか特に大好きなんですが。

王様の前で脚が震えたり、その時の歯茎むき出しの表情とか、寝る前の翌日の作戦を伝える目のぱちぱちシーンとか、キスガの歌い出しとか。

過去のショーパレ映像は相変わらずクール・ザ・ヒートを見ちゃいます(*´ω`*;)

先日1人鑑賞会をしていたら、後ろから『それの何が楽しいの?』という冷静な声が飛んできて。

その気持ちもどこか分かる一方(元々アトラクション派)

今の自分は35周年のパークで知った生きているミッキーのスターオーラ溢れる姿を過去のショーパレ動画に重ねて、いっときの癒しを感じてるんだろうなぁ、と勝手に自己分析。

ミキミニの顔に呪いをかけられてしまった今、最新のパーク画像より過去の生き生きしたミキミニの姿を見た方が断然ワクワク出来る気がするんですよね。

真面目に(´・ω・`)



さて。

前回記事をアップした翌日、2020/7/1からTDL、TDSが再開されるというニュースが流れました。

注目の再開方法はUSJ的『千葉県在住の年パスユーザーから段階的に解放!』…とはならず。

2020/7/1〜年間パスポートは当面使用不可能。

インする為の方法は、日付指定のオンラインチケットをカード決済で購入(もしくは入園保証付きオフィシャルホテル宿泊)

入園者数はチケット販売数でコントロール。

7月はこうなりましたよね。

(8/7〜は年パス所有者の抽選入園が始まっていて、8月分は当たりやすく、9月分は1回当選もしくは全滅が多かったみたいです)



こんな時期に遊園地を開けるなんて、行くなんて。

OLCだってお金が必要なんだから仕方ない。

7/1を見たらびっくり!(空いてる)さすがディズニー、密をしっかり避けてるよ!

最初はね。でも7/1と比べその後の土日では明らかに入園者数が増えている。



…その後も賛否両論を耳にします。



私はというと、2020/7/1のチケット争奪戦には参加せず、未だに2020/2/28を最後にパークには行っていません。

(2020/7/1分のチケット発売時はアクセス殺到でチケット入手が大変困難だったそうです)

そして、休園によってはっきり気付いた感のある自分の気持ち。

ー慣れ親しんだあのミッキーを返してー

いよいよ切実になって来たこの願いも虚しく。

結局パーク再開ニュースから分かる通り、ミキミニのお顔にかけられた呪いはまだ解けぬまま。

_:(´ཀ`」 ∠):

↑7/1以降のTLでは、不意に流れてくるニューにこんな感じになることもある一方。

(4ヶ月の猶予ではお顔の整備が間に合わず、結局新顔のままで再開しちゃったのね(´;ω;`)と思っている)

先月末のミュージックステーション(2019/3/25以前の生きてるミッキーの映像が流れた)とか、SNSでやっぱり2代目ミッキーのショーパレ動画を見て。

(*´ω`*)はわゎゎゎ

って元気をもらうこともあります。笑



前回記事で、これを期にパークの異様さがいい方向に変化してくれれば…なんて記した私でしたが。

世の中、中々そう上手くは行かないようで。

再開後のディズニーシーでは、マリタイムバンドを求めて開園ダッシュが繰り広げられているらしく。

…(´-ω-`)…



パークにそこまで詳しくないですが。

2018年に見たような…朝のディズニーランドの城前グリーティングの、ディズニーシー、ミッキー広場バージョンなのかな?
AD5F2CED-3669-481E-BF5B-8B53E992BBB6.jpeg
と勝手に想像。



・開園ダッシュ許すまじ

・あの顔(新顔)見たさにダッシュとか理解不能

・そもそも今時期にインするなんて非常識

私のSNSのTLに流れてくる意見はこんなところですかね(*´ω`*;)




開園ダッシュを無くすには。

・ダッシュしなくても見たい人がみんな見られる

・ダッシュして得られる対価が全く無い

こういう状況を作るしか無いのかなぁと個人的には思いますが。

まぁ元々の入園者数が多過ぎるんでしょう。

あと、特定の部分に興味を惹かれ過ぎる方が多いんでしょうかね、きっと。




私は元々アトラクション派でしたし。

何より今の新顔ミッキーさんを撮りたいとはあまり思えないのでイメージしづらいですが。

ディズニーシーの朝のご挨拶のミッキーさんの衣装は過去のショーのものに酷似しているらしく。

ベリーベリーミニー的興奮を覚える古参ファンにはたまらない部分もあるんでしょうか。

(ミート&スマイル、ケープコッドバージョン)
東京ディズニーシー ミート&スマイル 【Disneyzone】 [ (ディズニー) ] - 楽天ブックス
東京ディズニーシー ミート&スマイル 【Disneyzone】 [ (ディズニー) ] - 楽天ブックス


私はコレ見たさに開園ダッシュ…はしないと思いますが。

グリーティング中止の今、ひと目でもキャラクターを見たいという方などは鼻息が荒くなっちゃうんですかね。

ちなみに久々に目にてしまった(TLに流れて来た)新顔のミッキーさんは相変わらずの作り物感で。

生命感を奪われたその顔を見ると切なくて。

不意打ちで画像を目にしてしまうと、反射的に胸の辺りが重苦しくなって、未だに悲しい気持ちが湧き上がってきます。



さて、パーク再開後。

コストカットも依然として進行中なのか。

ディズニーランドのピザポートは無人化、トゥモローランドにはベイマックス風味のドリンク自販機が設置、そんなニュースも流れていますよね。

ディズニーシーのソアリン側にもドリンク自動販売機がお目見えしたとか。

昼ルアウ(ポリネシアンテラスレストラン)は本当にショーレストランからパンケーキ屋さんになったって(´-ω-`)

へー…



私はパーク初心者ですが。(デビューは昔ですが、毎月レベルで頻回に通ったのは2017〜)

そんな浅漬けファンの私ですら、2019/3/26以降の変化を想うと悲しくなります。

この1年だけでも色々なことが…しかも自分にとって悲しい変化が色々とありました。

ザッと思いつくモノをいくつか例に挙げてみると。



【2019/3/26以降に起きた残念な変化(自分にとっては改悪)】

①ミッキー&ミニーの立体造形変更

いい加減我ながらウンザリですが(´-ω-`)

この変化、悲しみがパーク全体の印象に与えた影響は自分の中で言葉では言い尽くせないほどのものがありました。

本当にコレが自分史上最悪のTDL関連の変化なのでトップに書きます。

パークで会えるミッキー、ミニーの顔がイケメン、美女と言われた姿から、見るに堪えない角度だらけの不自然な立体造形に変えられました。

舞浜で会える生きているミッキー(いわゆる着ぐるみ…敢えてこう言う)の魅力は、①角度によって様々な表情に見える計算された立体造形と、②舞浜演者さんの洗練された動きが合わさってこそ、だと今も思います。

着ぐるみのショーという分野の芸術(敢えてこう書く)があったら間違いなく『超一級品』という感じ。

国宝レベルの超絶ミッキーを見てしまった…素晴らしい魔法の世界を知ってしまったから、これだけはどんなに時が経とうと絶対に解せません。

ミッキーが生きている(´;ω;`)!!

そう感じて心が震えて涙が出るようなあの魔法の瞬間をどうしたって返して欲しい。

即刻戻して欲しい…というか本気で戻すべきだと確信しています(´・ω・`)(大真面目)




②トレイルグーフィー消滅&キャラクター大移動

2019/5/31を最後に、グリーティングトレイルからグーフィーが居なくなってしまいました(´;ω;`)

トレイルグーフィが消滅=パーク内でグーフィーと会える常設グリーティング施設が消滅。
0D86184A-59E8-4D33-A990-FBA28C23D1B6.jpeg
更にトレグがトレドナに、サルアミドナがサルアミダッフィーに、ヴィレッジダッフィーがヴィレッジメイちゃんに…という謎の大移動も同時に発生。

人気が無いグリーティングのリストラ説、長身の演者さん不足説、がありましたが…

グーフィーって人気あると思うんだけどなぁ(´-ω-`)?

カッコいいし面白いし優しいし。。。

それにドナルドがケープコッドに戻るでもなく、おまけにダッフィーがラテン風って未だに解せないんですけど…

こういう変化ってどう考えてもゲストのためのものでは無い気がします。。。




③ザンビーニブラザーズリストランテのメニュー&カトラリー変更

ザンビのメニュー改変…コレは本当に残念でした。

【Before 】
DC40EEDF-8C89-4D5E-9ACB-2DA7C0F18B0A.jpeg

【after】
C01141E9-1F4D-4020-BF23-FB7F026481C9.jpeg
特に今までこのレストランを愛用されていた方には不評なイメージ。

美味しいスナック…エビとごぼうのフリットが消えるって…(職場のおじさまの一押しメニュー)
50AF4D05-87D9-4D8D-9671-C194D9FAFFA0.jpeg
ミネストローネは消え、パスタもボロネーゼからスパゲッティミートソースに。

メニューが残念になったと思います。

チュロスのお盆直置きも話題になりましたが。

何よりお皿が紙皿、カトラリーがプラスチック…両方使い捨てになるというのが謎でした。
3CE99771-AA40-4AEC-8608-0D6E293C5F3C.jpeg
食器は食事を演出する大切なツールだと思うのに…
BB9FC5FE-8831-4775-9F0F-D34F30D1FFCA.jpeg
紙皿とこのお皿なら絶対普通のお皿の方がお店の雰囲気にも合うと思うよ(´;ω;`)?

皿洗い他片付けの手間、人件費カット説が濃厚ですが、風情が消える&環境問題(廃棄物増)を想うと色々と残念過ぎるって思う。。。

こういう変化を私は成長だとは思えない(´-ω-`)




④マイフレンドダッフィーのセット縛り誕生&一気にメニュー値上げ

今までセット注文じゃなくても入れたクックオフの右側。

ショーが見られるエリアへ入るには必ずセットを注文しないといけなくなったんですよね。

子どもでもセットを頼めって(´;ω;`)?って声も聞こえた気がしますが。

お子様連れなら今はチキンナゲットとポテトのセットが一番頼みやすいでしょうか。

個人的にはこの時、ハンバーガーの価格の急激な上昇にびっくりしました(*´ω`*;)
158F8D7E-4984-4340-B2B3-ADB371A28A3A.jpeg
(チーズバーガー単品350円が一気に600円になった時)
B29E9534-5EFA-476D-A343-86EFE9FB0EB3.jpeg
思い切りが良いと言うべきか…

『お金、そんなに必要なの(´・ω・`)?』と直感的に感じた気がします。

これだって収入面を考えての変更ですよね…きっと。。。

まぁパークだけでは無く、世の中的にもアーモンドチョコの量が減ったり、ヨーグルトのグラムが減ったり、カントリーマアムが縮んだり…

値上げの波はあるとは思うんですが…ね。

私が社員なら無理くり『新エリア開発の資金集めのためであって、ひいては夢の体現のためなのですから、進化・発展・成長の一翼を担うものなのです』みたいに心の中で言い訳するかも知れませんが(*´ω`*;)

でも、正直私はこういう改悪でガツガツ金儲け主義を露呈してゲストをがっかりさせてまでする新エリア開発に何の意味があるんだろうって思う。



⑤ゴンドリエスナックのBGS破綻

ゴンドリエスナックではジェラート扱いを昨年の夏…七夕くらいに中止。
F3799388-E251-424C-A561-6C667CE6C720.jpeg
その代わりに、アメリカ的商品…あのアイスポップコーン(ただ冷えたポップコーンは夏には瞬時にベタベタに)やアップルパイを扱い出したんですよね。

側には運河があって、ゴンドラがあって…ここはイタリア…だから店名もゴンドリエスナックで、イタリア名物のジェラートをメインに扱ってたんじゃないの(´;ω;`)?
A9FC0CF8-02A7-47B1-9783-B0D7D2006A5B.jpeg
ジェラトーニグッズを扱ってるのもそういうBGSと絡めてだと思ってたけど、それごと葬られた感じ。

側の壁には水位上昇の跡まであるこだわりエリアだったはずなのに…

何より、何食べようかなーって悩んだり(種類も色々あった)、溶けるのが早いジェラートを友達や家族とワイワイ言いながら食べるのが楽しかった…。

想い出の喪失という意味でもとても悲しい。
2FB39981-58EA-40B6-9CBA-2A0720620817.jpeg
最後はフレーバーも種類が集約されてたった4種類に。
2DB7DC4C-0716-4DB1-A753-B032B88EA81E.jpeg
1人寂しい気持ちで食べおさめをしました。

BGSを無視してまで得るコストカットや効率化に一体どれだけの価値があるというのだろう(´・ω・`)

金銭欲丸出しのなりふり構わない姿勢がゲストの気持ちを冷めさせるのでは、なんて想像力は働かなかったのかな。



⑥レギュラーショーの終了&2代目ミッキーの痕跡一切ゼロのフィナーレ

ディズニーランドのワンマンズドリーム Ⅱが2019/12に、ディズニーシーのファンタズミック!が2020/3/25(予定)に、相次いで終了となりました。
2C976874-7A7B-4AC1-9892-20EB7AD5EECF.jpeg
レギュラーショー終了=人件費削減が直感的にはイメージされますが、ランドは新エリア&新劇場オープンに伴うショーベース解体のためという説。
D7B3D3CD-1273-48B3-8B20-201FA61EC1F8.jpeg
ナイトショーはバージ老朽化やコストカット説…でしたかね。

実際、望遠画像で見るミッキーのローブはボロボロで、バージも不具合が多発していた感じなので整備的に寿命だったのかも知れませんが。。。

ハーバーに浮かぶクリスマスツリー(同じバージを使用)ももう見られないのかと思うと…(´;ω;`)

アレ、本当に美しくて大好きだった…
C318E74E-60FC-4AC0-8755-B43804E7C0DE.jpeg
ディズニーシーナイトショーの後継発表が無かったことで、一部コストカット説も囁かれましたが、最近になって2021年度(予定)から後継ショーが行われると発表されました。

コレらが終わったのも勿論寂しいですが、個人的には2代目ミッキーの痕跡すら徹底的に見当たらない終了の仕方が切なかった。

2代目ミッキーだって新顔ミッキーさんだって“ミッキーはミッキー”というのなら、なにもそこまで無かったコトにしなくてもいいんじゃないかと思うのに。

どちらのショーだって、2代目ミッキー時代が圧倒的に長かったはずなのに。

本当になんでそこまで徹底的に痕跡まで無かったことにするんだろう…ってとても悲しくなりました。

休園期間中新顔で撮影され期間限定で公開されたというファンタズミック!のスペシャル動画は結局一度も見ませんでした。



⑦キャラクターダイニングの終了相次ぐ

ディズニーシーのホライズンベイレストラン、ディズニーランドのクリスタルパレスレストランとポリネシアンテラスレストラン(昼ルアウ)でキャラクターとの触れ合いが終了。
5516B66E-A668-4634-9D91-0BF1B1364C22.jpeg
これも人件費削減&コストカット説が出ていますが真相はいかに。

キャラダイやショーレスは回転率と人件費を計算すると利益率が低いんでしょうか。
B9054761-6470-48F7-A7C4-817B56BB38BD.jpeg
ショーレストランはマイフレンドダッフィーで価格吊り上げとセット縛りが出ましたし。

今はお休み中ですが、ミキカンのメニューが変わっちゃうニュースもSNSで流れてきたような。
109F1454-C714-48C2-82CF-62389EFC94CF.jpeg
ボリューミーだけどカレー風味のお肉とかマッシュポテトとかまた食べたかったな(´・ω・`)

ま、メニュー以上に生き生きした生命感を感じる顔のミキミニが躍動するショーにこそ、今一番に戻って来て欲しいものですけどね。

本気で。



⑧おかわり中止、メニュー劣化

レストラン北斎、マゼランズ…

白米のフリーリフィル、コーヒーのお代わりが終了。

マゼランズはパーク内では高価格帯のレストランのイメージでしたが、ここまでコストカットの波が…と正直びっくり(´⊙ω⊙`)
7DAB8925-17C8-45E0-9C65-53A6236A5C64.jpeg
SNSでは『マゼランズ、お前もか…:(;゙゚'ω゚'):』みたいな声も聞かれましたよね。

コレ以外には、レストラン櫻とかの茶碗蒸しが市販品(プラスチックカップでスーパーで売ってる感じ)レベルに劣化したのも話題になってました。
C692F0EB-44FB-4C99-A517-1E088619E55E.jpeg
劣化後に食べましたが↑上澄み透明茶碗蒸し。

最近ではミッキー型のかまぼこを浮かべてあるらしいです。

他には北斎のステーキ重の消滅なんかも話題になってましたね。

私は食にそこまではこだわりが無いタイプですが、他の方とインするとパークフードを楽しみにされている方って意外と多いので、人によってはテンション下がるだろうなぁ…と思いました。

こういうところ…お代わりとか美味しいご馳走メニューの存在とかこそ、ちょっとしたサービスの見せ所だと素人は思うんですけどね。



⑨クリスタルパレスレストランのパークフード再生

コレもSNSで盛り上がっていた気がします。

クリスタルパレスレストランに(おそらく売れ残りの)ワゴンスナックが登場する光景。

ザンビーニブラザーズリストランテのエビのフリット(ゴボウが品切れになって販売できなくなった余りと噂)、七夕の星のお麩みたいなの、ハロウィンのドーナツ(ドリンクの上にドーナツが置かれた斬新メニューがあって、そのドーナツ)、ゴンドリエスナックでジェラートの後継として売られたアイスポップコーン…

フードロス対策は個人的にいいことだと思うんですが、あまりにもまんま過ぎてゲストにバレバレっていうのはちょっと(*´ω`*;)

でも、クリスタルパレスレストランで生産余剰調整をする取り組みはコスト的には成功したのでしょうか。

今夏は(8/7〜)クリスタルパレスレストランではスイーツブッフェ、スイーツタイムセレクション開催中!(制限時間60分、大人2980円)。。。



⑩ファストパスの絵柄消滅

昨年突如ファストパスが消え、同じ発券機から出る紙はファストパスリマインダーになりました。

ファストパスは、アトラクション毎に色や絵柄が異なっていたのですが、ファストパスリマインダーは無地の紙で無味乾燥。

こんなところのコストまでカットするのか…と変更当時は悲しくなりましたが、同じ頃APPでファストパスが取れるようになり、紙でファストパスを発券する割合がかなり減った気がしているので、そのうち無くされるのかな、という気もしています。

ビッグサンダーマウンテンでもらったサプライズファストパスは使わずに大事に今もとってあります(*´ω`*)
DB7C4F62-F586-4083-84BE-4089FB11A29A.jpeg
今思えば使ってもスタンプとか押して手元に残せたりしたんじゃないかという気もするけれど。汗

ビッグサンダー以外にもあったと思うサプライズファストパス。(サプライズチケット)

ビッグサンダーのところならシューティング一回無料券でしたが、そういったチケットがランダムに出たり、それこそアトラクション毎に違う絵柄だったりとか。

ファストパス発券一つをとってもちょっとした遊びがあった気がするんですよね。

ファストパス自体、昔は無かったと言われればそれまでですが、時代の流れですかね。



(11)ショップの袋のシーズンデザイン消滅

私は舞浜近くの職場に行くこともあって、パークのお土産袋で開催中のシーズンイベントを感じたりもしていたのですが。

コレもボンボ(ボン・ヴォヤージュ:舞浜駅とディズニーランドの間にある土地を活用したお土産物屋さん)、シーズン版が品切れになった場合に使われていたイラスト柄一択に集約されたんですよね。

最後のシーズン柄は35周年グランドフィナーレ柄となりましたが、このチェンジには流石に驚きました。

最初はサイズバリエーションの縮小がHPに発表され、その頃は新顔とソアリン柄がサンプルで表示されていて。

この1年は新顔とソアリンの2つの新普及のために通年でこの柄になるんかな(´-ω-`)って思ったのですが、気付けばそれすら無く、イラスト柄1択に。

パークでのお買い物というスペシャル感が一つ消えた気がして個人的にはかなり寂しい出来事でした。

未だに掃除中に過去にインして買い物した時のシーズン柄の袋が出て来ると、当時を想い出したりして。

なんでそんな想い出発掘ツールをこうしちゃうのかな、と。

(TDL25周年の袋…ミキミニが鍵を持ってるイラストの袋を使用後のしわしわ状態なのに未だに大事にしている私)
245AA505-4418-4EDA-BAF8-29E2E71EB34F.jpeg
特にダッフィー&フレンズの袋すら無くなった時には本当にびっくりしました。

ダッフィーの袋、色々活躍してたからな…(ダッフィー好き)

コンビニのレジ袋有料化的にショッパー有料化の布石かとも思いましたが、今のところ有料化はしていないようです。

ショッパーだって開園時からシーズン限定ビニール袋だったわけじゃなく、紙袋の時代もあったのかも知れないですけどね。



(12)自動販売機増殖、チケットブース消滅などの無人化

パーク内ではキャストさんがワゴンでアイスやドリンクを売ってくれるので、なんとなく割高感のあるワゴンフードの価格にも納得感があったのですが。

冷えたドリンクを手渡しで買える体験、そんな付加価値への投資的な。

でも今や自動販売機がどんどん増えています。

最初は驚きの声が上がっていた気がしますが、どんどん慣らされていっている感。

アリスのポット型、ベイマックス風味…可愛い〜って声もあるみたいですけどね。

ちなみに私はパーク内自動販売機でドリンクを買ったことは無いです(´・ω・`)

せっかくのパークで自販機ってなんか味気なく感じちゃうのか、気付けば店内かワゴンで買ってる感。

券売機に関して言えば、本当なら今年は東京オリンピックを開催する予定で、海外からのゲストも増える見込みだったんですよね…多分。

他国言語対応の無人券売機の方が効率的でしょうし、オンラインチケットも増やして手売り需要が減っていると考えれば…チケットブース廃止も時代の流れと言えばそうなんですかね。

でもやっぱり寂しい気がします。



(13)生きているキャラクター(着ぐるみ)の材質?質感変更

2019/3/26、TDL、TDSの全てのミッキー&ミニーの立体造形は上海ディズニー開園時に突如として導入されて騒がれた『あの』造形に一斉変更されました。

それだけではなく、プルートやグーフィーの鼻の質感も最近になって突如全体的に変更されたんでした

ミキミニの顔の造形変更は軽量化説、コストカット説、上海ディズニー開園起因説、色々とありますが、鼻がマットな質感になったのに顔がテカテカで不自然、というのも改悪ポイントとして指摘されていましたよね。

鼻ピクもできなくなったし、やはり材質が変わったのかなぁ、と思います。

それか、製造メーカー自体を変えたために材質も見た目も変わってきたのか。

昨年、新顔に変わってしまって以降のワンマンで、プルートと接触して新顔ミニーさんの鼻がめり込んだ衝撃画像がSNSで流れてきたり。

材質まで安っぽくなったんだね、と憂う声も出ていましたが、確かに薄くて軽くて硬さのある石油製品系のボールって凹みやすいイメージはあります。



私は新顔導入の原因は上海ディズニー開園説派、ですが。

上海ディズニー開園時のレガシーとして中国初のパークホスト、ミッキーの顔の創設を求められ受諾。

なので立体造形としての完成度がここまで酷くても採用せざるを得ず。

なんなら製造も中国にして中国製を使えと求められているとすれば、材質や衣装の最近の品質変更も合点がいく気がします。

最近の色々なニュースを見ていると、やはり中国忖度説が濃厚かな、と勝手に感じるんですよね。

もちろん、あくまで持論に過ぎませんが。

先日、2020/7/16、アメリカのバー司法長官がアップルとディズニーの中国忖度を名指しで指摘したニュースが流れても不思議は感じませんでした。

中国市場では短期的に利益が得られるかも知れないが、中国の最終的な目標は乗っ取りだ、という警鐘。

寧ろ妙な納得感。

現在、Tik Tokを始めとした中国製アプリケーションの排斥がアメリカを始め世界的に進みつつあるようですが。

中国忖度に世界が目を覚まし始めた今、ミッキーの顔がこんな事になってしまった原因がもしそこにあるのなら、ここの部分も目を覚まして欲しいなぁ、と切に願います。



なんかちょっとだけ書くつもりが思った以上に色々出てき過ぎて止まらない(*´ω`*;)

のでいい加減やめます。大汗

他にもポップコーンとかぬいぐるみバッジとかジワジワひっそり値上がってたりしたけどもうキリがないですよね。

最近TODAYから価格記載自体が無くされつつあるのは、そういう変化を認知されづらくさせるためなのでは?なんて思ったり。

消費税の件を加味しても、オンラインフォト(現ディズニーフォト)のスナップフォトCDの価格爆上げなんてびっくりだったし(´-ω-`)

可愛かったフォトキーカードや封筒の真っ白超シンプル化とかも。

(2019/3/25までの一時期、スナップフォトのヘビーユーザーだったからアンテナが余計に過敏に反応)

私はビールよりカクテルやワインというタイプなのであれですが、ディズニーシーのビールの容器が透明なものから色付き紙コップになったりも。

最近は1dayパスポートも遂に8,200円…8千円の大台に。

その上USJ的チケット変動制まで視野に入れている感じの新聞記事も2020/8/13読売新聞朝刊に出たんでしたっけ。



それにしても、コレらが全て2019/3/26以降の出来事、ほんの1年くらいの間に立て続けに起こったとは…

なかなか信じがたいです(´・ω・`)



それでも、パーク体験の価値は向上していると運営会社さん的には考えておられるらしいですよね。

株主総会情報とかを見ると。

APP(パークのアプリ)導入、新アトラクション(ソアリン)導入、新エリア(ニューファンタジーランド、ファンタジースプリングス)開発。



確かにパーク内アプリは便利だと感じます。

ソアリンは面白いアトラクションだと思いました。



でも、それを上回るガッカリ感を禁じ得ないのもまた事実であって。

チープな造形に劣化した新顔ミッキーは見た目の上で生き生きとした生命感が消え、不自然さへの違和感が全力で興を削いできます。

価格が上がった上に逆にメニューは劣化し、食器やカトラリーが使い捨てになったレストランはテンションが下がります。

BGS無視は没入感や、こんなところまで…さすがディズニー!みたいな感動体験を失わせてくれます。



この1年を通して私が個人的に感じた無言のメッセージは大きく2つ。

・ゲストの声は届かない。なんなら踏み躙られる。

(変えないで…の声も虚しくミッキーの顔は変えられた上に、痕跡まで徹底消去され、挙句の果てにはベリミニに象徴される記憶の上書きまで行われた)

・夢や魔法、ゲストという言い方は今や建前。お客さんのことは歩く財布だと思っている。

(露骨過ぎると感じる相次ぐコストカットには嫌でもそういう気分にさせられました)



過去の年パスユーザーさんや古参ファンさんと話せば、何も劣化改悪は2019/3/26に始まったわけではないと感じます。

マーメイドラグーンシアターのがっかりリニューアル。

ボートビルダー時代のクックオフが良かったとか。

ストームライダーの廃止は未だに解せない方がかなり多いイメージで。

セイリングデイブッフェの廃止とか。

他にもショーパレの豪華さが減っていくことを憂う声、TDL20周年くらいが一番いい時期だったとか。



それでもディズニーのコンテンツは強いだろうからきっとこの先もパークは潰れないのでしょう。

どんなに値上げしたって、コンテンツの楽しみを削ぎ落としたって、ディズニーに専心している数多の潜在ユーザーは枯渇し得ない。

2019/3/26以降、コロナ禍以前の変化だけを見ても、運営側のそんな自信すら感じられる気がします。

それでも、どんどん残念な気持ちが募る気がする今のパーク。

本当の意味で『進化している』『成長している』のか、ふとそんな疑問もよぎります。



最近のパークの姿、アリエル実写化問題にアメリカのスプラッシュ&プリキス化…ポリコレ、アナ雪Ⅱステマ事件。。。

ディズニー関連で最近色々と感じるところがある方は少なくないと思います。

そんな時、私はそもそもディズニーって…と考えてしまうタイプですが。

革新や情熱、チャレンジというイメージのウォルトさんにしっかり堅実イメージのロイさん、この組み合わせがあってこそ、ディズニーはここまで成功したのかなぁ…と。

お二人亡き後のディズニーはいかようにも転がりうるのか、と。

先日2020/7/1に開園アナウンスをして話題になった加賀見さんの本中、舞浜リゾート構想を見てぼんやり。



ウォルトさんの言葉を都合のいいように使わないで。

そんなパークファンの声も時折耳にします。

ここは、永遠に完成しない場所

私自身はこのCMの魅せ方に少し違和感をおぼえます。

ーディズニーランドは永遠に完成しない、

この世界に想像力が残っている限り、成長し続けるー ウォルト・ディズニー
EC80E508-5097-4AB5-9967-AE1329B188F2.jpeg
これはとりようによっては、もちろん箱物のスクラップ&ビルドを指すとも考えられるかも知れませんが。

でも、この言葉はただ単に施設が新しくなり続ける事を指すのでは無くて。

人のイマジネーションは無尽蔵だから、夢や魔法の形だって無限にあって、大人も子どもも楽しめる王国の形はいくらでも広がっていける、とかそういうことのような気がするから(´・ω・`)



何より、悲しい、辛い、がっかり…そんな気持ちが募る変化の嵐を目の当たりにした今。

この言葉が。

この言葉をこんな風にみせるみせ方が。

今は逆に虚しく心に響いてくるような気がします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ディズニーランド&シーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック