2019/3/25。あの日から、1年(´・ω・`)

今日は2020/3/25。

私が最後に最愛の2代目ミッキーと会ったあの日から、遂に1年。





昨年の今日は、会社を休み、4時に起床し、始発で舞浜へ赴き。
3AE08B2E-4E28-4036-AA4D-9560A5406C00.jpeg
開園から閉園まで、ディズニーランドとディズニーシーを行き来して1日を終えました。
3E6C2F3D-F23E-4B92-94A7-89050114F48F.jpeg



あの日、私は多分、もう2度と2代目ミッキーに会うことができないなんて、どこか信じていない節があったような気がします。




あんなに可愛くてかっこいい、25年間もパークで愛されて来たミッキーマウスが。
57EF1ED9-09D9-4B09-ADD4-EBF1CDE30749.jpeg
写真を見ただけで体調が悪くなる上海ヘッド(当時はそう呼ぶのが主流だと思っていた)に変わるだなんて。

ま・さ・か。

何かの間違い、悪い冗談でしょ(*´ω`*;)?




…みたいな(´・ω・`)




それでも、もし本当に会えなくなるなら…

こういう切羽詰まった気持ちも同時にあって。

…何とも複雑な1日を過ごしたものだったなぁ…と思います。




今日はそんなあの日から丸1年の節目。

朝からぼんやりそんなことを思いながら家を出ました。

そして自宅に携帯を忘れました:(;゙゚'ω゚'):




でも、強制的にSNSを見られない環境になってむしろ良かったのかも知れません。

『TDL35周年最終日から丸1年』

この事実をどこか思いながらも淡々と仕事をこなしました。




昨年の2019/3/26には、始業前に目が出目金になるくらい大号泣しましたが(´-ω-`)

“自分が慣れ親しんだ最愛のミッキーマウスが死んでしまった“

…真面目にそう感じて、私はどうしようもない気持ちになったんだったと思う。

でも、今日の気持ちは不思議と落ち着いたものでした。




私は2代目ミッキーが本当に大好きでした。

あの存在に会えるパークが、大好きでした。




それが失われたパークに、この1年のオリエンタルランドさんの振る舞いに、私は失望しました。

子どもの頃大好きだったはずの場所で、こんな形で悲しみを…心が抉られるような苦しみを経験することになろうとは。

子どもの頃の私はきっと想像すらしていなかった。




心の拠り所を奪われる。

こんなに切ないことはない。

それを心の底から実感した1年でした。




あんなに大好きな場所だったけれど。

だったからこそ。

冷めきった心は今やもう修復が不可能かも知れません。




この1年、2代目ミッキーがいなくなったパークに私を引き留めたのは、他ならぬ2代目ミッキーの存在だったように思います。

もうあの姿に会えないとしても、いや、会えないからこそ。

面影でもいいから、あの存在に触れたいと思って。

私は残された年間パスポートの有効期間中、取り憑かれたかのようにインし続けたんじゃないかと思います。




それでも、どんなに演者さんの技量・素敵な動きに…直ぐそばで感じる優しい雰囲気に、あの面影を重ねようとも。

自分の心に空いた穴はどうしても塞がらなかった。




それが、この1年でした。

最愛のミッキーを失い、大好きだったはずのパークを失った、とても寂しい1年でした。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ディズニーランド&シーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック