今こそミッキーマウスの着ぐるみの顔の立体造形に対する違和感を公式に意見する時なのでは(`・ω・´).。.:*☆という気持ちが湧き上がってくる今日この頃。

東京ディズニーランド、ディズニーシーが休園して1週間以上が経過しました(´・ω・`)

私は年間パスポートが切れているせいか、精神的ダメージが不思議とあまり無いのですが…

職場の先輩は先週結構残念がっていました。

私ももちろん残念ではありましたが。

しかしパークに行かねばというある種の強迫観念から解放されて、どこか安らぎを感じているような気がしていたのもまた事実です。



昨年…2019年の3月は自分にとっては辛い月でした。

本当に。

あの切羽詰まった感じの毎日。



大好きなミッキーと本当にあともう少しでお別れなんだろうか。
4E5192E7-54EA-4397-9D7D-9EE2C00FF1F5.jpeg
まさか。

こんなに可愛くて。
306E01BF-D7A2-421C-A610-11F86F63097E.jpeg
最高にカッコいい存在が。
7B9BB57D-C26D-466E-AEF6-D021676A9FA5.jpeg
舞浜から消えて無くなってしまうなんて、やっぱりどう考えても信じられない。
7FFD5465-342D-4E28-AC82-C4A5713053C2.jpeg
信じたくなんてない。
3D1ECA40-FE84-4A78-867B-ADD4522C024B.jpeg
でも…連日のグリーティング混雑にうさピヨのあの画像を見ると、本当なんだろうか…



言葉で言い表す事のできない複雑な想いを胸に過ごしたあの時。

もちろん平日、仕事終わりが遠い所の日だって…毎日、毎日。

満身創痍で舞浜に通ったあの月。



もしあの苦しかった3月からちょうど1年後の今のパークにインしていたら。

今頃もっともっと病んでいたかも知れません。

(基本病んでいる設定(*´ω`*;))



レンタルなんもしない人、がツイッターで呟いてくれた2代目ミッキー&ミニーを失った悲しみ。

それを目にした時、第三者の目を通しても、おそらく新旧顔問題は面倒、もしくは異様に映るのだろうな、と感じました。



昨年のちょうど今くらいの時期。



・(Xデーが近づいた昨年の3月)ミッキーに顔を変えないで…とすがって困らせてはいけない

・(Xデーが近づいた昨年の3月)ミッキーの前で泣いて困らせてはいけない

・(Xデーが過ぎた昨年の3月)ミッキーに顔が変わったと言ってはいけない

・(Xデーが過ぎた昨年の3月)ミッキーが死んだと言ってはいけない



ネット上では、こんな風潮が形成されていたように記憶していますが。

今冷静に思えばこの根拠は何だ?と叫びたくなる自分がいます。



自分が愛するミッキーが声だけでなく、顔まで変えられようとしている…それも酷い方向へ…

そう思った時、苦しまずにいられる人間などいるでしょうか。

行かないで…そう泣いてすがりたい人だってきっと沢山居たはずです。




・新顔の否定意見は鍵をかけて言え

・新顔が嫌ならパークに来るな

・公式のSNSに否定意見を書き込んではいけない



こんな事を書いて攻撃する人も見かけましたが(´-ω-`)

何か書いたら見知らぬ人から攻撃されるんじゃ…そんな恐怖で支配されたSNS。

正直なところ、少なくとも自分の目にはとても異様に映りました。



そもそも、『公式に文句を言ってはいけない』って何なんだろう。。。

公式に言わないで、じゃぁ誰に言うんだ!!?…って仰っている方もおられましたが、本当にその通りだと思いました。



『黙ってろ、公式に文句を言うな』

いやいや、そう言う貴方はどちら様ですか!!?

…って言いたくなるのが普通の感覚だと、正直思う。



でも、SNSが厄介だと思うところは。

全ての人がSNSを単なる意見表出の場として使っているとは限らないということ。

なんなら、DMも含めて見知った知人同士のコミュニケーション手段としても使用している場合の方が多いのかも知れない。



そう思うと、お互いにお互いの顔色を伺って勝手に疑心暗鬼になったり。

言いたい事も言えない雰囲気が生まれたりもするのでは無いのかな…と。



そういう元々の土壌に、上記の何の根拠も無い理論をさもそれが正当な理由のもとの理論であるかのような顔をして、誰かが投下する。

面倒な事に巻き込まれるのは嫌だ、という事無かれ主義の人は世の中多いでしょうから。

そこまでミッキーの顔の造形に思い入れが無ければ、黙っていようと思う方もおられるでしょう。



何なら、面倒な事に巻き込まれるのはごめんだ、というタイプの方なら。

そういうちょっとでも面倒な印象がついた新顔問題に言及する仲間がコミュニティ内に存在していたら。

それを排除したいと思う人さえ現れるかも知れません。



でも、冷静になって考えれば。

カスハラのように理不尽な要求を突き付けるモノは別として。

新顔に対する疑問や意見を表出する事の何が悪いと言うのでしょう?…というのが、私の考えです。




自分の意見を表出する事自体、全く悪く無いと思います。

だってそうでしょう?

自分にとってどうでもいいことなら、別にどうなったとしても構わないでしょうが。

自分にとって大切な存在に何か重大な危機が迫っているのだとしたら。

普通はそれを黙って見過ごす事など出来はしないでしょう。




公式に意見を伝える事の何が問題なのでしょう?

普通、消費者の意見を生産者は買ってでも得たいものでしょう。

自分の会社が提供するものをより良いものにしたいと思うのならば。



故に私は公式に意見をしてはならぬという主張は全く理解できません。

むしろ、どんな世の中でも自由闊達な意見交換がなされる世界こそ、より発展的な未来が待っていると考えます。

都合の悪い意見を封じ込める悪意に満ちた世界に明るい未来など待っていないと思う。



心理的安全性が担保された職場は生産性を高めるとも言われます。

SNSの世界は先に挙げた理由故に、元々心理的安全性が担保されにくい環境だろうとは思いますが。



今の世の中、情報が溢れる社会。

流れてきたツイートに反射的にいいねを押して、バズる、なんていう状況も容易に起こりうる世の中。

何となく雰囲気に流されて、それがさも正しかったり、大勢の意見であるかのように勘違いしてしまうこともあるでしょう。



情報の根拠は?誰が発信者か?どんな立場の人が言っているのだろう?発言の裏に隠された意図は何なのか?誘導したい何かがあるのでは?…etc…



出来事、物事の流れの裏には、時に何かが隠されている。

これを意識しないとただ流されるだけの人間になってしまう。



私は自分の頭で考えて、自分なりの意見を持つ事を忘れたくは無いと思います。

長い物に巻かれろという考え方もあるかも知れませんが。



殊更ミッキーの新顔問題に関しては特に、こういう自分なりのスタンスを徹底したいと思えてなりません。
29B2067D-CA84-4663-82ED-F44BB98A7BEC.jpeg
2代目ミッキーの事が本当に好きだったから。
33C5215A-838D-47CE-A859-ABD8B7E1C64A.jpeg
あの幸せだった時を本当に取り戻したいと強く願うから。
A67D65CA-A962-48F9-A384-500094BEB53E.jpeg


昨年4月。

ミニポジでうさたま地蔵をした時に。

新顔の立体造形に対する意見を熱く語っている方が側におられました。



“自分はもちろん、他にも沢山の人が手紙だって書いているし、電話だってしている。”

“こんなの絶対におかしい。”

…熱を帯びたその口調に、思わず心の中で頷いている自分がいました。



・パークで新顔造形の否定意見を言ってはいけない

・せっかくパークに楽しい気持ちでいる人に迷惑だ

そういえばこんな話も当時あった気がしますが。

これもまたおかしな話だと思いましたよね、正直。



『本当におかしいよね。』

『最悪。』



もし、パークにいる常連さんがそう大合唱したとして、困るのは運営くらいでしょう。

顔の変化に気付きもしない人からしたら、まず意味が分からないでしょうし、そもそも興味も無いでしょうから。

だいたい多くのゲストは友人、家族と思い出を作りにインしているのです。

周囲に聞き耳なんか立てていないで、みんな内輪の会話を楽しんでいるものです、そんなヲタの雑音なんか聞いちゃいないでしょう。

まあ、万が一新顔をデザインした人がパーク内にいたとしたら、自分の仕事を否定されたと感じてショックを受けるかも知れませんが。



あの激動の3月から一年の節目にして、パークが休園中の今。

パーク依存からしばし脱却して色々と冷静に考えられる、時間的にも精神的にもゆとりのある今だからこそ。

自分の意見を公式に伝える、ちょうどいい時期なのかも知れない。

ふと、そんな気持ちが湧き上がって来る今日この頃(´・ω・`)
にほんブログ村 その他趣味ブログ ディズニーランド&シーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック